サイトマップ

ローンは何に使うかによって借り入れが変わる

今の世の中には様々なローン商品があります。住宅を購入する際の住宅ローン、車を買う際に組むマイカーローン、用途に縛られないフリーローンやカードローンなど、借り手の目的や用途に合わせて選べるようになっています。

 

 

フリーローンやカードローンは目的が決まっていない以上、自由に使える便利さがあります。生活費としての利用であっても、何らかの物品の購入でも、または他社の返済や支払いのための借り入れでも問題はありません。最低限の利用目的に反さない借り入れであれば、自由に使えます。その代わりに金利が高いデメリットがあり、返済時の負担が増えるのが大きな欠点です。

 

対して住宅やマイカーのローンは、目的が狭く限定される代わりに、金利はカードローンなどと比べると遥かに低い水準で定められています。そのため、目的が決まっているお金の借り入れを考えているなら、カードローンやフリーローンは適さず、対応をする目的ローンを使うべきなのです。

 

残価設定型のマイカーローン

最近見かけるのが残価設定クレジットです。自動車メーカーのテレビコマーシャルなどでもよく宣伝されていますが、マイカーローンを組むうえで残価設定クレジットはお得なのでしょうか。

 

結論からいうとメリットもありデメリットもありというのがこの残価設定マイカーローンといえます。残価設定マイカーローンは総返済額から下取り額を差し引いた残額を分割払いするわけですが、金利は残額分だけにかかっているわけではありません。ローンの最後の支払に下取り価格分の金額が設定されているため実は総返済額全体に対して金利がかかっています。

 

要するに残価設定型のマイカーローンは、最後の支払分だけを多めに設定しただけのマイカーローンであるといっていいでしょう。

 

月々の支払は楽でも総返額としてはそれほどお得感がないのが、このマイカーローンの特徴です。

 

さらにローンの支払終了時には今乗っている車をどうするか選ぶ必要があります。その時に走行距離や事故、傷などがあればその分不測の料金が発生しますので場合によっては高くつくこともあります、自分の車なのにビクビクしながら乗り続けるのはとてもストレスになります。

 

やはり残価設定ローンよりもできるだけ頭金を貯めてから、低金利のマイカーローンを利用するのがベストといえるでしょう。低金利で借りられるマイカーローンを探すのであれば、最近流行りのネット銀行のマイカーローンを中心として、多くの金融機関の商品が網羅されているマイカーローン比較で探すでチェックをしてみましょう。

 

マイカー購入にカードローンは向かない

マイカーの購入でローンを組むなら、素直にディーラーや金融機関のマイカーローンを利用すべきです。手軽だからとカードローンでお金を借りて車の購入をしてしまうと、金利で10%以上も高い負担を強いられる可能性があり、月々の返済も大きくなってしまうのです。

 

仮にカードローンの中でも低い金利とされるオリックス銀行で借りられるカードローンを使うとしても、やはり金利水準はディーラーローンにも劣ってしまいます。マイカーローンの中でも金利が高いとされるディーラーローンよりも負担が大きくなるので、車の購入にはカードローン利用は適さないのです。